CFD vs FX

FXもCFDの一種ですが・・

おすすめのCFD業者

CFD取扱い業者よりFX業者が有利

 FXはCFDの一種であり、CFDで扱う数ある銘柄の中の為替に属するものがFXと呼ばれています。
 ですから、CFDとFXに違いはありませんが、業者を選択する際には現時点ではFX業者を選択したほうが、より有利な条件が整っていると言えます。CFDは、国内ではまだまだ取扱い業者が少ない状況にあり、現時点では証券会社のほかにもFX専業業者のCFD参入も見られ、数年後にはサービスの改善が見られるかもしれませんが、『現時点において』との条件を付けた上でFXをするなら別途会社を探したほうが無難であると言えます。
 ※2010年、FX業界でも人気の高いDMM.com証券とGMOクリック証券がCFDへ参入したことにより、状況が一変、FXも取引するならDMM.com証券かGMOクリック証券で口座開設をして下さい。

FXをはじめるなら投資家に有利な条件で

 FXは人気が急上昇したのをキッカケに非常に多くの業者で取扱っており、CFD取扱い業者でも通常取扱っています。しかし、以下の点からFXをはじめるなら別途、FX会社を探したほうが無難であると言えます。

スプレッドが狭くない

 FX会社を選ぶ際にもっとも重要視すると言ってもいいのがスプレッドの狭さ。スプレッドとは売値と買値の差で、為替以外のCFD取引でも出てきます。スプレッドは狭いほうが投資家にとって有利なのですが、CFD取扱い業者のスプレッドはそれほど狭くありませんでした。
 しかし、2010年にCFDへ参入したDMM.com証券とGMOクリック証券に関しては、業界トップ水準のスプレッドを提示しており、CFDといっしょにFXも取引したい方におすすめです。

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
DMM.com証券 【DMM FX】 0.3 銭 0.6 銭 1.1 銭 0.7 銭
GMOクリック証券 0.3 銭 0.6 銭 1.1 銭 0.7 銭
外為ジャパン 0.3 銭 0.6 銭 1.1 銭 0.7 銭
YJFX 0.3 銭 0.7 銭 1.2 銭 0.8 銭

スワップ金利が低い

 FXの魅力の一つがスワップ金利。低金利の通貨を売り高金利な通貨を買ってポジションを保有していると、その金利差分が毎日スワップ金利として口座に振り込まれます。このスワップ金利はFX業者によって算出方法が異なり、一部は業者の収益として差し引かれることから、業者間でバラツキがあります。CFD取扱い業者の中ではGMOクリック証券のスワップ金利が高く、前述のスプレッドも含め、もしCFDと一緒にFXを取引してみたい方は、GMOクリック証券で口座開設をして下さい。全額信託保全を採用しているので、安心して資産を預けることが出来ます。

▼おすすめFX業者、スペックは業界最高水準で絶対満足できます!▼