CFDは注文機能を活用しよう

注文を使いこなすことが大切

おすすめのCFD業者

CFDと注文方法

 FXで安定して利益を上げている方はご存知だと思いますが、証拠金取引であるCFDは注文方法を上手に活用することが大切です。特に商品先物CFDなど長期投資で臨む場合を除き、短期取引が主体のCFDでは新規注文と同時に目標とする利幅と損切りのラインを決めておくのが望ましいと言えます。
 ここでは、初心者の方のために基本的な注文方法について解説します。注文方法を状況に応じて使い分け、安定した利益を目指しましょう。

成行注文

 成行注文とは、現在の表示レートで注文する方法です。

指値注文

 指値注文とは、現在のレートよりも安い値段で買い注文を入れたり、反対に現在のレートよりも高い値段で売り注文をいれる方法です。押し目買いや戻り売りを狙うときに活用します。

逆指値注文

 逆指値注文とは、指値注文の反対に現在のレートよりも高い値段で買い注文を入れたり、現在のレートよりも安い値段で売り注文を出す方法です。レンジ相場や三角持合いなどのとき、レンジブレイクした方向へ追っかけるときに活用します。

IFD注文

 新規注文(一次注文)と同時に決済注文(二次注文)も出す方法です。指定した値段になったときに最初の注文(一次注文)が入り、その後二次注文で指定した値段に到達すると自動的に決済されます。二次注文の値段は損切り又は目標とする利幅を加味した数値を入れます。

OCO注文

指値注文と逆指値注文の2つの注文を同時に出す方法で、どちらかの注文が成立した時点でもう一方の注文が無効となります。

IFO注文

 新規注文(一次注文)と同時に、決済注文(二次注文)を二つ出す方法です。指定した値段になったときに最初の注文(一次注文)が入り、その後、二次注文で指定した値段のどちらかに達した時点で決済されます。損切りの設定と、目標とする利益を決めて二次注文の設定をします。

next ≫≫ レバレッジとリスク管理

おすすめCFD業者はここ!

CFD売買代金国内第1位!オリコン顧客満足度第1位
海外株式CFDはFacebookやGoogleなど70銘柄以上
株価指数・商品CFDはNYダウや金など15銘柄
取引ツールが凄い!スマホアプリで外出先でもOK!

CFD銘柄は4種類のみのシンプル構成で分かりやすい!
スプレッドは業界最狭水準!
完全信託保全で安心・安全な取引環境を提供!
CFD初心者でも操作性・視認性抜群の取引システム