CFDのレバレッジとリスク管理

レバレッジを武器にするにはリスク管理が不可欠

おすすめのCFD業者

安定した利益を追求するならリスク管理が大切

 証拠金取引であるCFDは、レバレッジの活用が大きな武器となる一方、大きなレバレッジを欠けているときに予想と反対方向へ相場が動いた場合、多大な損失を被る危険を併せ持っています。このため、CFDで安定して利益を上げ続けようと思ったら、リスク管理の徹底は必要不可欠。
 低レバレッジで取引する場合を除き、ハイレバレッジで取引するならIFD注文、OCO注文、IFO注文を活用して損切りの設定を忘れないことが大切です。
 レバレッジはどのくらいが適切かは、口座に入れている証拠金の額や取引している銘柄のボラティリティによって異なりますが、ある程度の値動きがある銘柄を取引する場合、リスク管理として以下の点を心がけることが大切です。

CFD取引でリスクを低減させるために

○相場が1単位動いたらどれだけの利益・損失がでるのかを把握する。
○どこまでの損失を許容できるのか明確にする。
○このラインを超えたら(下回ったら)レンジブレイクだと考えられる値段を把握する。
○短期取引では新規注文と同時に決済注文も出す。
○相場の流れが変わったと感じたら素直に損切り又はドテンする等の対処をする。

next ≫≫ あくまでも余剰資産で取引を

おすすめCFD業者はここ!

CFD売買代金国内第1位!オリコン顧客満足度第1位
海外株式CFDはFacebookやGoogleなど70銘柄以上
株価指数・商品CFDはNYダウや金など15銘柄
取引ツールが凄い!スマホアプリで外出先でもOK!

CFD銘柄は4種類のみのシンプル構成で分かりやすい!
スプレッドは業界最狭水準!
完全信託保全で安心・安全な取引環境を提供!
CFD初心者でも操作性・視認性抜群の取引システム